キメ細やかでモチッとした美肌|ビタミンC誘導体入りの化粧水が凄い

肌に優しいAPPS

ウーマン

乾燥してしまったら

ビタミンc誘導体は高い美白効果があるスキンケア成分ですが、人によっては乾燥肌が悪化する場合があります。ビタミンc誘導体には強い浸透力があります。肌バリアを破壊して有効成分が浸透するので、もともと肌のバリア機能がない人が使うと乾燥しがちになるようです。高濃度で水溶性の性質があるビタミンc誘導体ほど、肌が乾燥しやすくなります。ビタミンc誘導体の化粧水を使って肌が乾燥したら、油溶性か両用性のビタミンc誘導体にするのがお勧めです。油溶性は美容液や乳液に使われています。水溶性よりも効果がマイルドです。両用性は水溶性と油溶性の性質を持つビタミンc誘導体で、APPS(アプレシエ)という名称で最近多く出回っています。

色素沈着を分解する

肌が乾燥しにくく、強い浸透力と美白効果がある両用性ビタミンc誘導体がAPPSです。APPSは新しいタイプの次世代ビタミンc誘導体として、化粧水、美容液、乳液、オールインワン化粧品などに配合されています。APPSの化粧品を使ってスキンケアをすれば、紫外線でできた老人性色素班やニキビ跡の炎症性色素沈着を薄くすることができます。すでに出来てしまっている色素沈着を分解する効果があるのは、医薬品を除けばAPPSぐらいです。医薬品の場合は使うのを止めると元に戻ったり、色素沈着が濃くなったりすることがあります。しかし、APPSはそのような副作用のリスクはまったくなく、日常的なスキンケアで安心して使用できます。